不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

普段はあまりお酒を飲みませんが不倫パートナーと会うときは飲んでからセックスしています

お酒というのは大変身近な存在となってまして、毎日飲んでいるという人も珍しくないでしょう。とくに現代はストレス社会とも呼ばれていますから、すぐに酔えるチューハイが人気とされています。なので、味わう目的で飲む人は少数派かもしれません。

私もお酒は多少嗜みますが、普段はあまり飲んでいませんでした。理由はいろいろありますが、やはり『周囲が泥酔したときに対応するため』というのが大きいかもしれません。私の同僚も家族も結構飲むから、私が意図的にセーブしないと収集がつかないのです。

そのおかげなのか、付き合いの席であっても飲まなくて済んでいます。周囲のために飲まないと書きましたが、そもそもお酒の味がすごく好きというわけではないので、飲まなくてもいいならそれに越したことはありません。

ただ、そんな私もでもそれなりに飲むタイミングはあります。それは『不倫パートナーとセックスするとき』であり、この日ばかりは結構酔っていました。セックスの前に飲む人は多いですが、実際飲んでみるとその気持ちも分かるかもしれません。

妻とほとんどセックスしなくなった私は、いつしか不倫パートナーと遊ぶようになりました。妻とセックスしなくなった理由ですが、先ほども書いたように妻は結構な飲兵衛ですので、お酒を飲んだら眠るまで飲み続けることが多いのです。

とくに最近は仕事でのストレスがたまっているのか、飲み始めるとなかなか止まらず、それで眠ったら私がベッドに運ぶ…みたいなパターンが定着したのですね。さすがに、眠っている相手に入れる気にはなれなくて…。

私も不倫パートナーとするときは飲んでいますが、眠ってしまうほど飲むわけではなく、お互いが気分よく絡み合えるために飲んでいました。不倫という行為には常に罪悪感が付き纏うのですが、お酒に酔えばそれは大きく薄れるでしょう。

つまりは酒の力を借りて楽しくセックスをしているわけで、お酒がなかったら盛り上がりに欠けるかもしれません。少なくとも罪悪感を抱いたままのセックスでは気後れするから、勃起の維持も難しくなりそうです。

ちなみに飲むと言っても居酒屋などには行かず、コンビニや酒屋でお酒を買ってからホテルで飲みます。バーなどで雰囲気に酔うのも悪くなさそうですが、不倫という関係ならば目立つことは避けたいのです。

もしも「セックスだけに集中したい!」と考えるなら、お酒をある程度飲むほうがいいでしょう。余計なことを考えなくなり、結果として快楽に集中できるのです。